TAKAMATSU SNOWSCOOT COMPETITION JAPAN

過激なカービングターンをマスターすると…。

c0141734_2241565.jpg

 さてベースワクシングの時期がやってまいりました。え、画像のようなボード柄がスクートにあ

るのかって?すんませんこれスノーボードです。諸事情でISF工房に入ってきております。この

板の持ち主の方は今まで味わったことのないような板の滑りを手に入れるだろうな。そして滑走

技術も大幅に向上するだろうな。なんてったってペネトレーションヒーターでガツンとベースワッ

クス浸透させたからな。

 で、ペネトレーションヒーターでワックスを浸透させるコツはコレ!
                          ↓↓
       「ヒーター専用ワックスをまんべんなく塗残しのないよう生塗すること!」

 ただ暖めれば良いわけではないようです。このコツは最近気がつきました。これでこの後施工

する私の板などはガツンと浸みこみまくるだろうな。おっとっと、話がそれてました!えーとです

ね、カービングターンをこれからマスターする方が増えてくると思いますが、カービングターンを

マスターするとベースバーンができます。滑走面のエッジ付近が白くケバ立ってしまうんです

ね。そこでこの作業は必須です!

 そんな訳で…シーズンインまであと僅か!滑走準備まいていきましょう(笑)あーあとですね、

ペネトレーションヒータは結局板を一定温度で温める装置なので、自作しようと思えば自作可能

です。何ならばホットカーペットと絨毯の間に板を挟んでもOKだと思います。ハイ!
by baribarizenkai07 | 2008-11-12 22:57 | スクート車体 | Comments(0)