TAKAMATSU SNOWSCOOT COMPETITION JAPAN

今シーズンの使用機材(3)

c0141734_20133623.jpg

おばんでございます。

今日はスクートの操作に直接的な影響を及ぼす「グリップ」の話し。

結論としては私のお勧めパーツの紹介です。



c0141734_2013453.jpg

このグリップはハンドルに対してグリップ両端をボルトで固定するタイプ。

両端をボルトで固定するためダイレクトな操作感を得ることができます。

ダイレクトな操作感を得られる代わりに、雪面からの衝撃をダイレクトに受けます。

そんな訳で個人的にはお勧めできません。

手首が疲れるんだよね。
c0141734_20142031.jpg

で、私がお勧めするのはグリップの片方をボルトで固定するタイプ。

片方だけを固定するため、雪面からの衝撃に対してグリップが撓り、衝撃を吸収してくれる

んです。

バイクのパーツでボイセングリップがありましたが、個人的にはウィンター用グローブではグ

リップの直径が太く感じてしまうのと、ハンドル内側への親指の行き場所が無くなるので駄目

でした。

画像のグリップは「バズーカ スイッチグリップ 長さ:130mm」

太さと撓る量も調度良い。

あと、サン純正グリップも良いですよ。
c0141734_20165825.jpg

そんな訳で今日は私のお勧めパーツの一つを紹介しました。

乗りやすいスクートを組むためには剛性を出す部分と逃がしを出す部分をバランス良く作る

ことが大事です。
by baribarizenkai07 | 2012-09-06 21:00 | スクート車体 | Comments(0)